性病と治療薬ドットコム

性病で不安になる男性

性病になったかも?自分の症状は何の性病かわからないと不安な方のために性病に関する様々な情報と治療薬についてお話していきます。性病は放置しても完治しません。不安に感じたらすぐに診療するか性病の治療薬で治す必要があります。

性病は早めの治療が第一な理由

性病の治療は、早めにしておかないと取り返しのつかないことになることもあります。
特に女性は、性病のウイルスが奥にまで侵入し、子宮にまで到達してしまうと、赤ちゃんを作る機能に異常が出てしまうこともあります。
子供を作れない体になってしまったということも実際に起きています。
性病の中で、比較的知名度の高い淋病では、男性はおしっこをするときに激しい痛みに襲われます。
最初はちょっと痛みがする程度ですが、徐々に痛みが増していき、とても我慢ができないほどに痛むということもあります。
痛みがあまりに激しいために、おしっこができなくなる男性もいるようです。
しかし、このようにはっきりと痛みがするようなケースでは、早い段階で病院へ行くので、早期に治療をしてしまうことができます。
怖いのは、痛みが小さいために放置してしまって、性病の菌がどんどん奥へと広がってしまうことです。
女性が淋病にかかると、尿道炎や膀胱炎にかかってしまいます。
しかし、女性の場合にはストレスなどでもこの病気にかかることがあるので、たいしたことがないと放置してしまうことがあります。
さらに症状が進行すると、卵管炎や卵巣炎になります。重度のものでは、卵管や卵巣を摘出しなければならないこともあります。
このように、性病を放置していると、パートナーにうつしてしまう可能性が高いというだけでなく、自分の体に大きなリスクがかかることになります。
少しでも疑いをもったら、できるだけ早くに病院へ行って検査を受けるようにしましょう。
最近ではオーラルセックスで性病をもらってしまうということもあります。
コンドームをしていても、性病はうつることがあるので、絶対に安全ということはありません。

性病治療薬は病院じゃないと処方されない?

性病というのは、パートナーとの性行為によって感染する病気の総称ですが、こうした病気は、特定の細菌、真菌、ウイルス、その他の病原体が原因となって、感染した場所に炎症や水ぶくれを引き起こしたり、ひどい場合には全身的な症状として、発熱などをともなったりするものといえます。
これらの症状を解消するはたらきのある医薬品としては、もちろん病気によって微妙な違いはありますが、一般には抗生物質や抗ウイルス剤などといったものが使用されることになります。
抗生物質などの医薬品は、薬局、ドラッグストアで気軽に購入できるような市販薬とは違って、強い副作用のおそれがあるものです。
したがって、医薬品医療機器等法、むかしの薬事法による規制によって、抗生物質などの性病治療薬は、処方箋医薬品として分類されている可能性が高いといえます。
処方箋医薬品というのは、簡単にいってしまえば、国家免許を受けている医師の手により処方箋がなければ、国内では原則として購入することができないような医薬品のことを指します。
そのため、性病治療薬のほとんどは、病院や診療所といった、医師のいる医療機関でなければ処方されることがなく、市販薬から選ぶというのは、一般にはむずかしいといえるでしょう。
ただし、性病治療薬のなかでも、ごくまれに、女性のカンジダ症の再発のケースに限った治療薬が、薬局やドラッグストアで市販されています。
この場合であっても、さきの法律上は第1類医薬品という扱いになっているため、チェックシートに記載の上で、店頭で薬剤師による説明を受けるなどの手続きが必要となってきますので、風邪薬や胃薬のようには気軽には購入できないということはいえるでしょう。

性病の検査は自宅でも受けられる?

性病の検査はしっかりとした医療機関で受けることが望ましいのですが、性病の検査と言うのは受けるのもかなり恥ずかしさを感じてしまうものです。
そのため「自宅で検査を受けたい」というニーズが生まれるのも仕方の無いことだと言えるでしょう。
実際のところ自宅で検査を受けられないのかと言われると、これは決して不可能ではありません。
現在ではさまざまな医薬品メーカーが性病検査キットを販売していますから、そうしたものを利用すれば誰かに会うこと無く検査を受けることが可能です。
特に今販売されている検査キットでは複数の検査項目を一度の検査で済ませられるようなものもありますので、そうしたものをうまく活用することが出来れば自宅である程度しっかりとした検査を受けられるようになるでしょう。
ただ自宅で使う検査キットということで注意をしたいのが、まず「検査の結果については簡易的なものである」ということです。
そこで陽性反応、つまり感染が確認されたということであれば性病感染の可能性が高いでしょうが、陰性と出た場合であっても病院での精密検査の場合は陽性と言う結果がでることもあります。
また同様に注意をしたいのが「検査を受けたとしてもそれで治療が開始できるわけではない」ということです。
検査の結果わかった性病の治療に必要な薬が自分でわかるというのであれば個人輸入を利用して薬を飼うこともできないわけではありませんが、そうした薬の判断は本来医師が行うべきことです。
そして医師に治療をしてもらうのであればやはり病院に行かなくてはならず、病院に行った場合には改めて検査を受けることになるでしょう。
安心をしたいという頃であれば性病検査キットを使う意味はありますが、本格的な治療を受けるつもりがあるのであれば素直に病院に行った方が良いでしょう。

★STD(性病・性感染症)に含まれるエイズに感染の疑いがあったら、こちらの検査キットがおすすめです
エイズ 検査
★性病に罹ってしまったらバルトレックスで治療しましょう
バルトレックス
★性病の治療薬をもらいに病院に行くのは恥ずかしい?それなら通販で購入しましょう!
薬は通販出来る時代
★性病の一種である尖圭コンジローマはベセルナクリームで治療できます!
ベセルナクリーム