性病で不安になる男性

性病になったかも?自分の症状は何の性病かわからないと不安な方のために性病に関する様々な情報と治療薬についてお話していきます。性病は放置しても完治しません。不安に感じたらすぐに診療するか性病の治療薬で治す必要があります。

性病とはいえない溶連菌感染症と自然治癒

性行為によって細菌、真菌、ウイルスなどに感染して発症する性病には、さまざまな種類があります。女性の場合、腟内は通常であれば酸性の状態に保たれており、外部からの細菌などの侵入をシャットアウトしていますが、生理周期の関係であったり、あるいは仕事や学校、家庭のストレスなどによって、こうした環境が変化してしまうことがあります。そのようなときには感染症にかかりやすいため、注意しなければなりません。
また、女性の身体にはもともと多くの細菌類が共生していることもあり、ふだんは特に病気などをひきおこすことはないものの、やはりストレス時などの特別な場合に異常増殖をはじめてしまって、病気の原因になることもあります。この場合、性器やその周辺で発症したとしても、かならずしも性病とは限らず、もともと保有していた菌類によるものである可能性があるのです。
たとえば、溶連菌などもこうたありふれた細菌の一種ですが、ときに女性の腟内に感染して細菌性膣炎をおこすことが知られています。溶連菌感染症の場合には、おりものの量が増えたり、おりものに魚の腐ったようなにおいがついてしまったり、炎症が特に強い場合にはかゆみ、痛みなどが生じることもあります。
体調がもどれば溶連菌は淘汰されて自然治癒することがないわけではありませんが、自然治癒を待っている間、逆にさらに上部のほうの組織まで感染が拡大してしまうということもあり得ますので、できれば医師による診断を受けて治療にあたったほうがよいといえます。治療に関しては、抗生物質のようなものを経口で投与したり、あるいは腟内に入れるような錠剤タイプのものもありますので、こうした医薬品をもって行うことになります。